アンディ君とモモち
ゴールデン×チャウチャウのアンディ君と黒ラブのモモ、何でも作るの大好きパパと食べるの大好きママのなんちゃって日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


看板屋のお仕事
街中でこんな看板を見たこと無いかしら??

RIMG0089.jpg


時々、お客さんに
『こういうの作る機械も持ってるんですか~?』なんて聞かれることがある
『ええ、まぁ・・・』なんていうと
『高いんでしょう?』って言うから
『5万円ぐらいですよ』っていったら

お客さん『????』となって、変な感じになることがある。

どうやらすげ~機械があって自動的に切り出されてると思ってるみたい。

確かに、世の中にはCNCルーターやらCO2レーザーやらとウン百万
する機械があるにはあるが、モモ父のところにそんな物があるわけが無い

では、どうしているか・・・
これですよ、『糸ノコ』

DSC_0709.jpg
こいつは、ホームセンターで買って来たフツーの糸ノコ
単純に、細いノコ刃が上下に動くだけ。

これで、こんな風に切り出して・・・(もちろん、手作業だかんね)

DSC_0705.jpg

で、こんな風になるわけ。

DSC_0707.jpg

そして、地味~に続けていくと必要な文字が出来上がるわけ。

DSC_0708.jpg

これを、きちんと位置決めして接着剤で貼り付けていく。

これは、カルプ文字と呼ばれるもので低発泡のウレタンなんかで出来てるから
やらかくて切り安いし、とても軽い。プールにあるビート板みたいなもの。

似たような仕上がりで、薄い金属板を使いお弁当箱のフタの様な構造の
チャンネル文字というのもある。

最近は、何でもかんでも機械任せの製造物が増えてるけど、モモ父的には
こういうアナログなものづくりが好きかなぁ。
スポンサーサイト




Copyright © アンディ君とモモち. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。